アーカイブ:2022年 4月

  • 【月刊ウルフ通信】4/18号

    おはようございます。 大魔神です。 先週末は欧州市場・米国市場共に休場でした。また、欧州は本日の休場です。 為替市場はドル円で126円59銭(やや円安) ユーロ円は136円93銭(やや円安)で戻っている。 225先物気配値は26920円で前週比160円ほど安く気配値は推移している。 (日経平均CFDは26880円前後で推移、8時20分現在) 今週の経済カレンダーは18日月曜日、中国1~3月期四半期の国内総生産の発表。 19日火曜日、米国3月住宅着工件数。 20日水曜日、米国3月中古住宅販売件数、21日、ユーロ3月消費者物価指数。 21日パウエル議…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/15号

    おはようございます。 大魔神です。 14日 NY市場は反落して終わった。 ダウ平均:3万4451.23ドル(113.36ドル安) ナスダック:13351.08ポイント(292.51ポイント安) S&P500:4392.59(54.00安) 大型成長株が軟調でした。 朝方は三指数は小幅上昇でスタートしたが、S&P500,ナスダックはその直後から売り優勢に転じた。ECBは予想通り政策金利は据え置き、3Qに資産購入を終了し、その後にしばらくしてから利上げをとガイダンスしたことで、10年物国債利回りが低下した。 しかし、3月の小売売上高は若干市場予想を下回る…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/14号

    おはようございます。 大魔神です。 13日、NY市場は反発して終わった。 ダウ平均:3万4564.59ドル(344.23高) ナスダック:13643.59ポイント(272.0高) S&P500:4446.59ポイント(49.14高) 朝方発表の3月PPIが市場の予想を上回り、 コアPPIも市場予想を上回る。 しかし、昨日発表されたCPIの減速を より重要視する動きで始まり、 市場の動揺はなく、長短債券利回りが低下したこと。 半面、寄り付き前に発表された 決算発表が強弱入り混じる結果になったことで、 寄り付きは小幅安程度で始まるが、 寄…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/13号

    おはようございます。 大魔神です。 12日、NY市場は続落して終わった。 ダウ平均:3万4220.36ドル(87.72安) ナスダック:13371.57ポイント(40.39安) S&P500:4397.45ポイント(15.08安) 朝発表された3月CPIは前月比+1.2%と予想と一致。 前年度比は+8.5%と予想よりも 僅かに上回る結果、過去40年で 最大の上昇率となった。 しかし、コアCPIは前月比・前年度比で 市場予想を下回る結果になり、 減速を受けて長短金利が 低下したことで3指数は買戻し先行で始まった。 特に金利低下を…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/12号

    おはようございます。 大魔神です。 11日、NY市場は下落して終わった。 ダウ平均;3万4308.08ドル(413.04安) ナスダック:13411.96ポイント(299.04安) S&P500:4412.53ポイント(75.75安) ロシアが新たな総司令官を任命し、 ウクライナ東部に兵力を集中される態勢を示し、 戦争激化で長期戦になる可能性もあって、 欧州ではコモディティ価格の上昇を受けて インフレが加速することで、 ECBによる年内利上げ観測が台頭。 また、フランスの大統領選挙も不透明感もあって、 3指数は売り先行で始まった。 …
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/11号

    おはようございます。 大魔神です。 週末8日のNY市場はまちまちでした。 ダウ平均:3万4721.12ドル(137.55高) ナスダック:13711.00ポイント(186.30安) S&P500:4488.28ポイント(11.93安) EUがロシア産石炭の禁輸を決定したこと。 次の追加制裁では原油を含めて 検討することで合意したことから、 インフレ上昇懸念が台頭し 10年物利回りが2.72%と上昇したことを受けて、 ナスダック、S&P500は売り先行で始まった。 エネルギー・金融・ヘルスケア・ 生活必需品などは小幅上昇、 一方、金…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/8号

    おはようございます。 大魔神です。 7日、NY市場は小幅反発して終わった。 ダウ平均:3万4583.57ドル(87.06ドル高) ナスダック:13897.30ポイント(8.48ポイント高) S&P500:4500.21(19.06高) 三指数ともに小幅反発して終わった。 朝方発表された週間失業保険申請件数が 過去最低の状況で雇用状況がタイトであること。 半面、ウクライナ停戦交渉に進展がなく、 インフレ上昇圧力への懸念もあって、 3指数は小幅安で始まった。 さらにブラード総裁が インフレが異様な高さであると指摘、 連銀はインフレ対応に関しては著…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/7号

    おはようございます。 大魔神です。 6日、NY市場は続落して終わった。 ダウ平均:3万4496,51ドル(144.67安) ナスダック:13888.82ポイント(315.35安) S&P500:4481.15ポイント(43.97安) 昨日のハト派と思われた「ブレイナート理事」 のタカ派発言により、FOMC議事録内容への警戒感、 イエレン財務長官の下院証言の原稿が公表され、 その内容がグローバル的に 景気後退懸念を示すものになっていたことで、 3指数は続落で始まった。 その中で「エネルギー・公益」が小幅高でスタート。 その後は生活必需…
    詳細を見る
    • 2022-4-6
    • 【4/6(水)】東証市場再編で今後の影響と戦い方は はコメントを受け付けていません

    【4/6(水)】東証市場再編で今後の影響と戦い方は

    【4/6(水)】東証市場再編で今後の影響と戦い方は 資料はこちら→ …
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】4/6号

    おはようございます。 大魔神です。 5日、NY市場は反落して終わった。 ダウ平均:3万4641.18ドル(280.70安) ナスダック:14204.17ポイント(328.39安) S&P500:4525.12ポイント(57.52安) ウクライナ戦争でロシアが ウクライナ市民の虐殺を強く非難、 EUがロシア産石炭の段階的な 輸入禁止など制裁強化で、 停戦交渉の見通し悪化と共に、 インフレの一段上昇が懸念されて、 3指数は反落で始まった。 ただ、公益・エネルギー・ 生活必需品などは小幅上昇。 半面、情報技術・一般消費財は 売り優勢で始…
    詳細を見る