アーカイブ:2022年 5月

  • 【月刊ウルフ通信】5/31号

    おはようございます。 大魔神です。 30日、NY市場はメモリアルデーで休場でした。 欧州市場は続伸して終わった。上海でのロックダウンを解除する方針を受けて、戻り高値を一時奪回する動きを演じた。特に高級ブランド企業の動きが良く、ルイヴィトン、ディオール、バーバリーなどが堅調でした。「イギリスは7600.06で+0.19%」「ドイツは14575.98で+0.79%」「フランスは6562.39で+0.72%」でした。 米国、 VIX指数上昇:26.54(+3.19%)  原油価格上昇:117.52ドル(+2.22%)  金価格上昇:1855.10ドル(+0.12…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/30号

    おはようございます。 大魔神です。 先週末、27日のNY市場は大幅続伸して終わった。 ダウ平均:3万3212.96ドル(575.77高) ナスダック:12131.13ポイント(390.48高) S&P500:4158.24ポイント(100.40高) 朝方発表された4月個人所得は市場予想を下回る。 4月個人消費支出は市場予想を上回る。 4月PCEコアデフレータは市場予想と一致上振れがなかったことで、インフレはこれ以上の悪化はないとの見方が台頭。 これを背景に10年物国債利回りが低下したことで、3指数は揃って買戻し優勢で始まった。 また、「デル」…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/27号

    おはようございます。 大魔神です。 26日、NY市場は続伸して終わった。 ダウ平均:3万2637.19ドル(516.91高) ナスダック:11740.659ポイント(305.91高) S&P500:4057.84ポイント(79.11高) 昨日、発表されたFOMCの議事録で0.5%以上の大幅な利上げの議論がなかったこと。年後半には利上げ休止の可能性が言及されたこと。市場はポジティブな反応が続いた。週間保険申請件数で雇用市場の悪化の兆しがなかったことで、ダウ平均、S&P500は買戻し先行で始まった。(ナスダックは小幅安でスタート) また、前日決算発表した小…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/26号

    おはようございます。 大魔神です。 25日、NY市場は上昇して終わった。 ダウ平均続伸:3万2120.28ドル(191.66ドル高) ナスダック反発:11434.74ポイント(170.29ポイント高) S&P500反発:3978.73(37.25高) 3指数共に上昇して終わった。 朝方発表された4月耐久受注速報値が市場予想を下回り、弱い経済指標を受けて3指数は小幅下落で始まった。その中で「一般消費財・エネルギー」が多少買いが入りプラスで始まった。 昨日決算発表した小売企業の決算が良かったこと。また、朝方発表された住宅関連の企業の決算内容も市場予想を上…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/25号

    おはようございます。 大魔神です。 24日、 NY市場はまちまちでした。 ダウ平均:3万1928.62ドル(48.38高) ナスダック:11264.45ポイント(270.83安) S&P500:3941.48ポイント(32.27安) 昨日、引け後にスナップの決算内容が下方修正されたこと。小売企業の決算発表も大手企業同様に下方修正が報告されて、経済環境が鈍化懸念を示しているとの見方が台頭し、3指数は反落して始まった。 特にスナップの決算内容を受けてコミュニケーション関連が売り優勢で大きく下落。その流れから一般消費財・情報技術などにも売り優勢で推移していた。 …
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/24号

    おはようございます。 大魔神です。 23日、NY市場は上昇して終わった。 ダウ平均:3万1880.24ドル(618.34高) ナスダック:11535.27ポイント(180.66高) S&P500:3973.75ポイント(72.39高) ドイツのビジネス環境指数が市場予想を上回ったこと。バイデン大統領が中国産品の輸入関税を引き下げることを検討していること。上海での新型コロナ感染者数が減少、ロックダウン解除も近いとの見方もあって、3指数は買戻し先行で始まった。 朝方JPモルガンチェースが22年度の金利収入見通しを上方修正したことで「金融株」が上昇、そのほかでは…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/23号

    おはようございます。 大魔神です。 先週末、20日のNY市場はまちまちでした。 ダウ平均:3万1261.90ドル(8.77高) S&P500:3901.36ポイント(0.57高) ナスダック:11354.62ポイント(33.88安) 中国人民銀行が5年物ローンのプライムレートを大幅に引き下げたことを受けて、世界的な経済後退懸念が和らぎことで「アジア市場」「欧州市場」が堅調な動きを演じたことを受けて、3指数は揃って反発して始まった。 S&P500がPERが12か月予想で16倍台へと低下したころからも値ごろ感でも買戻しが向かい、全体的にも小確りとした動きで…
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/20号

    19日、NY市場は続落して終わった。 ダウ平均:3万1256.13ドル(236.94安) ナスダック:11388.50ポイント(29.66安) S&P500:3900.79ポイント(22.89安) 昨日決算発表した小売り大手の決算が市場予想を大幅に下回る結果になってこともあるが、この日もシスコシステムの決算内容が悪るかったこと。朝方発表された経済指標も市場予想を下回る。週間失業保険申請件数も増加などなど。景気後退を示す材料ばかりで、三指数は揃って売り先行で始まった。 その後、S&P500が年初から19%超下落したことなどで、押し目狙いの買戻しも入り、一時的に下げ渋る動…
    詳細を見る
    • 2022-5-19
    • 【5/19(木)】投資で成果を上げるための基礎理論とは はコメントを受け付けていません

    【5/19(木)】投資で成果を上げるための基礎理論とは

    【5/19(木)】投資で成果を上げるための基礎理論とは 資料はこちら→ …
    詳細を見る
  • 【月刊ウルフ通信】5/19号

    おはようございます。 大魔神です。 18日、NY市場は大幅反落で終わった。 ダウ平均:3万1490.07ドル(1164.52ドル安) ナスダック:11418.15ポイント(566.37ポイント安) S&P500:3923.68(165.17安) 3指数は大きく下落して終わった。 朝方発表された4月住宅着工件数が市場予想を下回る。また、住宅ローン金利の上昇や住宅価格上昇を受けて住宅購入能力が低下したと市場が懸念。また、小売り大手の「ターゲット」の決算内容がコスト上昇によるマージンが圧迫市場予想を大きく下回る結果。同様に「ウォルマート」も高インフレが消費と企業…
    詳細を見る