アーカイブ:2021年 12月

    • 2021-12-14
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月14日号【1110】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月14日号【1110】

    今回のテーマは 「半導体工場に補助、法案提出」 「住宅ローン控除、縮小だが期間延長」です。 〇半導体工場の国内立地促進へ補助金 政府は半導体工場の国内新設を支援する 「5G促進法」と「NEDO法」の 改正法案を臨時国会に提出、 半導体の国内生産に舵を切りました。 経済安全保障の観点から 重要性が高まる半導体を 安定的に確保するため、 大規模な補助金で国内での 立地を加速させます。 台湾のTSMCが2022年に 着工を予定する熊本県の工場が 補助の「第一号」となる見込みです。 改正するのは、特定高度情報通信技術 活用システム開発供…
    詳細を見る
    • 2021-12-13
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月13日号【1109】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月13日号【1109】

    今回のテーマは 「HV販売を新興国で加速」 「4Gのガラケー、KDDIが新製品」です。 〇国内各社が新興国でHVを販売 国内の自動車大手が、 アフリカやアジアなどの新興国で、 ハイブリッド車(HV)の 生産・販売を強化しています。 脱炭素に向けて欧米を中心に 化石燃料を使わない電気自動車(EV)を 重視する流れが強まる中で、 充電施設をはじめ、 インフラの早期整備が難しい新興国では、 HVの方が環境対応で 有効と見られるためのようです。 トヨタ自動車は11月に、 南アメリカで現地生産する 小型のスポーツ用多目的車(SUV)の HV…
    詳細を見る
    • 2021-12-12
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月12日号【1108】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月12日号【1108】

    今回のテーマは、 「自動車保険でドクターヘリ」 「盛り土を知事の許可制に」です。 〇東京海上が自動車保険で、  ドクターヘリ 東京海上日動火災保険は、 ドライブレコーダーの事故映像を基に、 救急や病院にドクターヘリの出動を 要請するサービスを始めます。 全地球測位システム(GPS)で特定し、 人が居ない場所で大きな事故が 発生したときに、いち早く 駆け付けられる態勢を整えます。 損害保険にとって人気のない、 気づかれない場所で事故が起きれば、 大きなリスクになり、 損害保険事業にとっても打撃が大きい。 これをGPS活用による…
    詳細を見る
    • 2021-12-11
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月11日号【1107】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月11日号【1107】

    今回のテーマは、「空の脱炭素、 日米連携、関連企業の活躍は」です。 〇空の脱炭素で、  日米が国際標準狙う、挑む企業は 政府は「空の脱炭素」推進へ、 欧米の航空当局との連携へ動き出します。 航空分野の温暖化ガスの 排出削減につながる 電動航空機の普及を見据え、 安全基準の国際標準化を目指します。 航空でも脱炭素競争が激しくなる中で、 国際標準づくりで後手にまわれば、 国内航空産業の競争力に 響きかねないとの危機感が 背景にあります。 国土交通省の有識者会議が 年内にまとめる航空分野の 脱炭素戦略に盛り込みます。 2022年…
    詳細を見る
    • 2021-12-10
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月10日号【1106】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月10日号【1106】

    今回のテーマは、 「5G基地局整備の減税縮小」 「日立・GEが次世代原発受注」です。 〇5G整備へ、減税縮小、地方優先案も 政府・与党は高速・大容量の通信規格 「5G」に関する整備を 加速させるための減税措置について、 2022年4月以降も延長したうえで、 段階的に縮小する方針で 調整に入りました。 法人税から差し引ける割合を 徐々に引き下げ、 整備の前倒しにつなげます。 都市より、地方への 投資の控除率を高くして、 地方の整備を優先させる案も 検討しています。 減税措置は、携帯電話会社や 通信機器メーカーを対象に、 …
    詳細を見る
    • 2021-12-9
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月9日号【1105】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月9日号【1105】

    今回のテーマは、 「原油増産計画を維持」 「EV新規参入、異業種次々へ」です。 〇OPECプラス、原油の増産を維持 石油輸出国機構(OPEC)加盟国と ロシアなど非加盟産油国による 「OPECプラス」は、 オンラインで閣僚級会合を開き、 従来の生産計画を維持することで 合意しました。 新型コロナウイルスの新しい変異株 「オミクロン株」の検出で見込まれる 原油の需要の低迷に備えます。 OPECプラスは、今年8月から毎月、 原油の需要の回復にあわせて 日量40万バレルずつ産油量を 増やしてきました。 12月2日の会合では、 …
    詳細を見る
    • 2021-12-8
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月8日号【1104】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月8日号【1104】

    今回のテーマは、「農産品輸出、初の1兆円」 「米がインフレ一時的を撤回」です。 〇和牛、酒類がけん引し、農産品輸出初の1兆円 2021年の農林水産物・食品の輸出額が、 初めて1兆円を突破することが、 確実になりました。 1~10月の輸出額が 前年同期比28%増の9734億円と 大きく伸びたことが分かりました。 アジアの富裕層を中心に、 人気の高い牛肉や酒類が 全体を引っ張りました。 品目別では、和牛などの牛肉が 90%増の417億円。 ウイスキーが81%増の406億円、 日本酒が81%増の319億円でした。 中国で人気があるホ…
    詳細を見る
    • 2021-12-7
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月7日号【1103】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月7日号【1103】

    今回のテーマは、 「化粧品の廃棄でメーカー各社が対応、 株価の魅力は」です。 〇化粧品の廃棄減で地球もきれいに 化粧品メーカーで、 売れ残りや規格外の商品を割引して、 販売する動きが広がっています。 環境意識の高まりで、 食料品や衣料品と同じように、 「廃棄ロス」を減らそうといるためです。 シーズンを終われば、 廃棄する売り方にも変化が生まれます。 コーセーは、10月から、 東京・銀座の直営店「メゾンコーセー」で、 シーズン中に売り切れなかった 化粧品を値引きして、 販売する取り組みを始めました。 主力の「雪肌精」ブラ…
    詳細を見る
    • 2021-12-6
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月6日号【1102】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月6日号【1102】

    今回のテーマは、「トヨタが不正車検問題で再構築」 「ハリス副大統領が人気低迷」です。 〇トヨタが不正車検問題で、販売店との関係を再構築 トヨタ自動車が、系列の販売店での 不正車検問題を重く受け止め、 東京都内で販売会社に代表者ら 約300人を集めた会議を開きました。 これにより、信頼の回復にむけた 顧客重視の姿勢を徹底できるかが、 カギとなります。 会議は都内のホテルで 非公開で行われました。 豊田章男社長が登壇し、 顧客重視などの原点に立ち返って、 ともに信頼回復に努める考えを 説明しました。(読売新聞報道) 会議では、経営…
    詳細を見る
    • 2021-12-5
    • ◎月刊ウルフメルマガ 12月5日号【1101】 はコメントを受け付けていません

    ◎月刊ウルフメルマガ 12月5日号【1101】

    今回のテーマは、 「太陽光パネルが急騰」 「半導体製造装置、なお不足」です。 〇中国の電力不足で、太陽光パネルが急騰 太陽光パネルの価格が 前年比3割高の水準まで 上昇しています。 主産地である中国の電力不足で 工場の稼働率が下がり、 供給力が低下しているためです。 日本の発電事業者にとって、 採算の合わない水準まで値上がりし、 契約の見直しや 延期が相次いでいます。 太陽光発電で再生可能エネルギーを 底上げする日本政府の戦略にも 影響が出かねないところです。 すでに、納入業者と数十件の契約が キャンセルになった、というの…
    詳細を見る