「株トレマスタースクール」の理念

株トレマスタースクールは、 株式投資の醍醐味である、投資資金が倍増していく喜びを味わってもらうために発足しました。 株式投資のスクールは他にもたくさんありますが、以下にフォーカスしたスクールはないのではないでしょうか? ・10倍株の初動に乗り、最短で数日~数ヶ月で大きなリターンを狙う ・高騰銘柄の見極め方が分かり、自分の力で株で利益を出し続けることが出来る ・講師は現役の億トレーダー この株トレマスタースクールをきっかけに、高騰株を見極めるトレードスキルを身につけ、今までとは違う株ライフと人生を手に入れてもらいたいと思っています。

カリキュラム

受講期間・回数基本ノウハウを学ぶ対面授業を4回受講+補講多数あり
開講時間平日の部18時~21時、休日の部13時~16時※ご都合に合わせて、平日の部、休日の部どちらにもご参加いただけます。 ※平日の部、休日の部ともに授業内容は同一です。
《見極め編》
10倍株の見極め方を
マスターする
◎10倍株の見極め方
・最重要「需給」の捉え方
・初動に入るためのチェックポイント
・銘柄選択と見極め方
・常にチェックすべき3つのポイント
・テンバガー候補銘柄が持つ共通パターン
・テーマ株、国策株について
・過去の急騰銘柄で見る銘柄選択の検証
◎【極秘】ここでしか聞けない直近相場事情オフレコトーク
◎【厳選】相場状況に合わせたトレード手法レクチャー
《売買編》
10倍株の売買法を
マスターする
◎10倍株の売買ロジック
・逆指値注文の使いこなし術
・トレーリングストップ注文
・建玉の操作について
・トレンドに乗る移動平均線活用術
・移動平均線とMACDを組み合わせた売りポイントの見つけ方
・高騰中の中身だけ狙うトレード法
・テクニカル分析の落とし穴
◎【極秘】こここでしか聞けない直近相場事情オフレコトーク
◎【厳選】相場状況に合わせたトレード手法レクチャー

7大特典


プロフィール

フジテレビ『平成教育委員会』出演 / 朝日放送『松本家の休日』出演 / テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』出演 / TBS『サンデー・ジャポン』出演 テレビ朝日『Qさま!!』出演 / フジテレビ『アウト×デラックス』出演 / TBS『年収格差別!お金バラエティ ピラミッド』出演 日本テレビ『今夜くらべてみました』出演 / BSジャパン『金曜オトナイト』出演 / 日経チャンネルマーケッツ『マーケッツのツボ』出演 ストックボイス『stockvoice』出演 / その他多数出演歴あり

みんかぶ『みんなの株式』インタビュー / 日本経済新聞社『日経ヴェリタス』インタビュー / 小学館『NEWSポストセブン』インタビュー アブラハム・ウェルスメディア株式会社『YCASEE(ゆかし)』インタビュー / 日本実業出版社『NISA(秘)投資術!』対談 岡三オンライン証券『武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計』出演 名古屋証券取引所・SBI証券『株で2億円稼ぐ東大卒トレーダーウルフ村田氏が語る!投資ノウハウと今注目の相場テーマ』講演 その他多数出演・執筆実績歴あり

まずは体験セミナーにお越しください!

【受講規約】 ※お申し込みの前に、必ず下記の規約をご確認のうえ、同意された方のみお申込下さい。 お申込された時点で、下記の規約に同意されたことになります。

■株トレマスタースクール会員規約 ※お申込みの前に必ず下記規約をご確認の上、同意された方のみお申込みください。お申込みされた時点で、規約に同意されたことになります。 本利用規約には、株式会社ジャパンインベストメントスクール(以下、「当社」といいます。)が運営する「株トレマスタースクール」の提供する(以下、「本サービス」といいます。)のご利用にあたり、当社とユーザーとの間の基本的な事項が規定されております。本サービスをご利用になる方は、本利用規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。 第1条 総則 1.本利用規約は、本サービスの利用に関し、当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。 2.当社が当社のウェブサイト上で掲載またはユーザーに対して電子メール等で発信する本サービスに関するルール、諸規定等は本利用規約の一部を構成するものとします。 第2条 定義 本利用規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。 (1) 「ユーザー」とは、当社からユーザー・アカウントの発行を受けた者をいいます。 (2) 「ユーザー・アカウント」とは、当社が、本サービスを通じてコンテンツの使用または利用を希望する個人に発行するユーザーIDおよびパスワードをいいます。 (3) 「コンテンツ」とは、本サービスにおいて、ユーザーに対して提供される音声、映像、画像、文字、文章、図形、若しくはこれらを組み合わせたものをいいます。 第3条 登録方法 1.本サービスの利用を希望する者(以下、「登録希望者」といいます。)は、本利用規約に同意のうえ、当社所定の方法により登録情報を入力し、本サービスの利用登録を申し込むものとします。本利用規約にご同意いただけない場合、本サービスを利用することはできません。 2.登録希望者は、登録を申請するにあたって以下の各号の事実を確認し、了承したものとします。  (1) 本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信手段については、ユーザー自身で準備すること  (2) ユーザー自身の責任と費用で、通信環境が本サービスの利用に支障がないことを確認すること 3.本サービスの利用登録の完了時に、ユーザーと当社との間に本利用規約に従った本サービスの利用契約が成立し、ユーザーは本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。 4.当社は、第1項に基づき登録の申込を行った者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合は、登録を拒否することがあります。 (1) 本利用規約に違反したことがある場合または本利用規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合 (2) 登録希望者が実在しない場合 (3) 当社に提供された登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合 (4) 既に本サービスの利用登録をしている者である場合 (5) 登録の申請の際に指定された銀行口座またはクレジットカードに、利用停止処分等が行われている場合 (6) 過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合 (7) 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合 (8) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人をいいます。以下同じです。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合 (9) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合 第4条 登録情報の管理 1.当社は、ユーザーの登録情報を当社が別途規定するプライバシーポリシー(URL:http://j-i-m.co.jp/privacy/)に則って管理するものとし、ユーザーは、当社がユーザーの登録情報をこのプライバシーポリシーに従って取扱うことに同意するものとします。 2. 当社は、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)に基づく請求があった場合、ユーザーの登録情報を第三者に開示することがあります。 3.ユーザーは自己の登録情報を厳重に管理・保管するものとします。ユーザーによる登録情報の失念、消失および登録情報の管理の不徹底による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、ユーザーは自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、直ちに当社にその旨を連絡し、当社の指示に従うものとします。<